住まう家への全ての思いをここに

エコカラット

健やかな毎日のために

微細な孔を持った内装用の壁タイル=エコカラット

近年は《珪藻土》が流行し、湿度、匂いのトラブルを解消する効果に人気が高まりましたが珪藻土は濡れた場合の欠点も見逃せません。メゾンオルテでは珪藻土の数倍の効果を持ち、濡れても扱いやすく、さらにインテリアとしても美しいエコカラットを全住居に採用しています。このエコカラットのクリーエア効果で高気密性住宅の熱効率の良さに通気性の良さでバランスを取っています。
そしてエコカラットのインテリア性を活かして各パネルに間接照明が当たるようにダウンライトを設置してあるのでとても静かで美しい佇まいを演出してくれています。

メインの窓には全てオーダーのボイルカーテン

エアリーなプリーツの織りなす光と影

通常の2倍近いプリーツを使った贅沢なボイルカーテン標準設置。敢えて内側に厚地のカーテンを使わないスタイルも、目の前に建物がないメゾンオルテならではの選択。

3階の一部を除いてほとんど全ての窓にボイルカーテンを設置。このカーテンはオーナー自らがインテリアコーディネーターにヒダの数を特定してオーダーしたもの。ヨーロッパでは敢えてカーテンを閉めてしまわずに照明を見せながら離れたお隣の生活が見え隠れしているリビングなどが多いものです。メゾンオルテは建物の前後両方とも道路な為、採光はもちろんの事、プライバシーが気にならない、都心では珍しいメゾンです。それを活かして光をたっぷり入れられるメゾンになっており、その窓からの光を受けてボイルカーテンのひだが光と戯れます。

収納スペースをたっぷりと

ウォークイン・クロゼット+鏡

WICの広さと使い勝手の良さ。さらに廊下にも収納という贅沢

3階8畳の居室には大きなウォークイン・クロゼットがあり、L字型にパイプスペースがあり、高すぎない位置に棚を作り付けにしました。そしてWICの扉内側には全面に鏡を取り付けてあるので出かける前の全身のチェックはこちらでできるようになっています。
3階廊下にはさらに2カ所も収納があります。バスルームの前に収納があるのでバスルームで使用するリネン類の収納も手の届く場所に管理できる便利さです。可動棚は出来る限り棚板をたくさんにして仕切りを細かくしてありますのでクローゼットの中が乱雑になりにくい仕様です。
昨今はルンバやハンディクリーナーなど充電が必要な家電も多くなって来ているので家電収納の内部には下に電源コンセントを設置してあります。しまってある間に充電完了です。


ページトップへ